山中紙器株式会社|滋賀県守山市|ダンボール|段ボール|ダンボールケース|製造|包装資材|花ダンボールケース|販売|

 

製造工程

 
 

A式ケースが出来るまで

A式ケースが出来るまで
 
   
 給紙部
 
給紙部に積み上げられた段ボールシートは、ここから印刷ユニット・切込みユニットへ送り込まれます。
 
 プリンタースロッタ部
   (印刷・切込み)
 
段ボールケースに印刷する場合は印刷ユニットにインキ・印版をセットして、段ボールシートが通過する毎に印刷されます。その後、スロッタユニットを通過することで切込み加工され、蓋・底と糊代部分ができあがります。
 
 フォールディング部
 
糊代に糊を付け、罫線寸法通りに高速で折り曲げていきます。
 
 カウンターエゼクタ部
 
指定結束枚数をカウントし、接合部を矯正して、結束工程に送り込みます。
 
 結束
 
ケースを結束します。
 
 パレタイジングロボット
 
結束されたケースをパレットに積み上げます。
 

トムソン(抜き)ケースが出来るまで

トムソン(抜き)ケースが出来るまで
 
   
 給紙部
 
給紙部に積み上げられた段ボールシートは、ここから印刷ユニットへ送り込まれます。
 
プリンタ部
 プリンター部(印刷)
 
印刷する場合は印刷ユニットにインキ・印版をセットして、段ボールシートが通過する毎に印刷されます。
 
 スタッカー部
 
印刷をしてプリンタスロッタから排出された段ボールシートは、スタッカー部の傾斜をベルトで運ばれ、パレット上に積み上げられます。そして、次工程のトムソン部(型抜き)に向かいます。
 
 トムソン部(型抜き)
 
抜き型を機械にセットし、段ボールシートが通過する毎にプレスします。型通りの形状に出来上がります。
 
 グルア部(のり貼り)
 
糊代がある形状の抜きケースに糊を貼ります。
 

▼ご連絡はこちらから

▼ご連絡はこちらから
 
qrcode.png
http://yamanaka-shiki.co.jp/
モバイル版はこちらから
バーコードリーダーで読み取り
サイトにアクセスしてください
営業時間 8:30~17:00
<<山中紙器株式会社>> 〒524-0052 滋賀県守山市大門町404番地 TEL:077-583-2006 FAX:077-583-3688