本文へ移動

山中紙器株式会社
滋賀県守山市大門町404番地
TEL.077-583-2006
FAX.077-583-3688
-----------------------------
・段ボールケース製造販売
・包装用資材機器販売

-----------------------------

基礎知識

段ボールとリサイクル

日本で1年間に生産されている段ボールの面積は約14200平方キロメートルです。当社のすぐ近くにある琵琶湖の面積は約670平方キロメートルなので、1年間に琵琶湖約21コ分の広さの段ボールが生産されていることになります。世界での段ボール生産量の1位は中国、2位はアメリカ、それに次ぐ3位が日本となっています。
現在使用されている段ボール箱の原料のほとんどが段ボール古紙からできています。段ボールは高いリサイクル率を誇る優れた環境資材であり、使用後その約90%が回収され、再び段ボールの原料に生まれ変わっています。当社でも製造過程で発生する段ボール端材はすべて集め、プレス機で圧縮しブロック状に固めて回収しリサイクルされています。まさに段ボールは大切な資源を繰り返し活用できる、地球に優しい環境資材です。

段ボールの構造

段ボールは表裏ライナーと中芯を貼り合わせて作られます。
 

段ボール原紙(ライナーと中芯)

段ボール原紙は『ライナー』と『中芯』に分けられます。


ライナー

ライナーとは段ボールの表面、裏面に使用される段ボール原紙です。        
ライナーはKライナー(クラフトライナー)、Cライナー(ジュートライナー)、Dライナーの3種類からなります。主にK7・K6・K5・C5・D4の紙質があり、K7が最も強く、D4が弱い原紙になります。C5、K5、K6を使用することが多いです。
 
Kライナー(クラフトライナー)
・・・強度的に優れ、幅広く使用されています。1平方メートル当りの重さは170g、210g、280gです。
 
Cライナー(ジュートライナー)
・・・再生紙を多く含んだライナー原紙で、強度はKライナーより落ちますが、価格的に安価で内装箱やパット等に多く使用されています。
 
中芯
 
中芯とは段ボールの波形部分に使用される段ボール原紙です。
1平方メートル当りの重量が120gの中芯原紙を一般的に使用しますが、160g・180g等を使用することで強度を増すことができます。

強化中芯(強化芯)とは薬品で中芯原紙の強度を上げたものです。

段の種類

A段(Aフルート)
厚さ約5mmで緩衝性と垂直圧縮強さに優れています。最も一般的な段ボールです。
B段(Bフルート)
厚さ約3mmで平面圧縮強さが強いので、缶やビンの包装に多用されています。また、小箱や型抜きする箱等に使用します。
 
AB段(ABフルート)
厚さ約8mmでA段とB段を貼り合わせた構造になっています。大きな箱や重量物の梱包に使用されます。
 
E段(Eフルート)
厚さ約1.5mmで美粧ケースに多用されます。
 

段ボールの種類

複両面段ボール
両面段ボールの片側に片面段ボールを貼り合わせた段ボールです。
 
 
 
複々両面段ボール
複両面段ボールに片面段ボールを貼り合わせた段ボールです。
両面段ボール
片面段ボールの片側にライナーを貼り合わせた段ボールです。
 
 
片面段ボール
中芯の片側にライナーを貼り合わせた段ボールです。
 
 

段ボール箱の主な形状

 A式段ボール箱

段ボールケースで最も一般的な形式です。(みかん箱タイプ)

抜き型が不要なのでコストが安く、短納期で製造できます。

箱の上下をテープ等で貼り、梱包します。

折りたたみや組立が簡単で、保管スペースも少なくてすみます。

(用途)

   ・重いもの
   ・通販商品
   ・青果物
   ・その他物流全般

 

 B式段ボール箱
 

差込みがある箱を総称してB式と呼んでいます。
上下を差し込み式にしたものや、底の部分にのりを貼り箱を起こすだけで底が組み上がるワンタッチタイプや、箱を起こすときに4枚の底板を組み込んでロックするタイプのものなどがあります。(写真はロックタイプです)
抜き型(木型)を必要とする場合があります。

 (用途)

   ・軽い物
     ・内装箱

 
 
C式段ボール箱
 
ミとフタに分かれているケースです。(お弁当箱タイプ)
底が抜けないのが特徴です。
薄物の内容物に多用されます。

 (用途)
   ・帳票ケース
   ・ギフトケース
   ・衣装ケース
 

▼ご連絡はこちらから

0
6
3
3
4
7
TOPへ戻る